税理士法人横浜パートナーズ ホームページ

新着記事

現状分析の方法

経営承継計画のための現状分析

なぜ現状分析が必要なのか?

経営承継の計画を練る前にやらないといけないことは現状の分析となります。

会社の状況はどうなっているのか、後継候補者は誰でどのような資質を持っているのか。

業界の動向や将来性はどうなのか…。

必要なのは、自らの目で見つめなおし、経営者自身の気づきを得ること。

そして外部の専門家から客観的に検討してもらい、必要な支援を受けることといえるでしょう。

分析が必要な項目は何か?

ここで分析しなければならない項目は次のようなものがあります。     

会社の状況について

  • 経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)に関すること
  • 会社を取り巻くリスク、簿外債務などについて
  • 会社を取り巻く外部環境について
  • 親族、会社内外の利害関係者、株式及び役員の状況

会社の経営資源 ヒトに関して

  • 従業員の年齢
  • 従業員の能力、技術
  • 組織風土

会社の経営資源 モノに関して

  • 製品、商品、技術、設備の状況
  • 保有資産、不動産の時価

会社の経営資源 カネに関して

  • キャッシュフロー、資金繰り
  • 銀行、金融機関との関係性

会社の経営資源 情報、ノウハウに関して

  • 独自の情報ストック、収集力
  • 独自ノウハウ

会社のリスク 会社が負っているリスク

  • 金融機関からの借り入れ状況、返済能力
  • 役員からの借り入れ状況、返済能力
  • 退職金の支給要否と金額など
  • 経営者保険、企業防衛型保険への加入状況
  • 経営者に万一のときに想定される負担額(必要保障額)

現経営者について

  • 経営者自身の財産債務の状況
  • 保有する自社株式の現状、自社株式の評価額
  • 抵当権、個人保証の状況について

後継候補者について

  • 後継候補者のリスト及び候補順位
  • 後継者としての適性判断
  • 後継予定者の意思確認
  • 後継予定者の財産の状況、個人保証等の有無について

経営承継、相続発生時に想定される問題点について

  • 財産の棚卸と相続税シミュレーションの実施
  • 法定相続人の把握と自社株等の分散状況の把握
  • 遺産分割シミュレーション

公式ブログの新着情報